ダイハツ福祉車両 「フレンドシップシリーズ」2車種を新発売 ~バックドアから車いすのまま乗り降りができる「アトレー スローパー」、 助手席にシートリフト機構を備えた「タント フロントシートリフト」~

2005年10月31日
ダイハツ工業株式会社

アトレー スローパー 4WD

タント フロントシートリフト 4WD

ダイハツ工業(株)は、福祉車両「フレンドシップシリーズ」に、軽自動車の「アトレー スローパー」と「タント フロントシートリフト」の2車種を新設定し、11月28日から全国一斉に発売する。

福祉車両は、高齢化や障害者の方々の社会進出などが進み需要が拡大、毎年10%以上の伸び率を示している。その中でダイハツの「フレンドシップシリーズ」は、コンパクトなボディサイズによる取り回しの良さや経済性・利便性などが高く評価され、2004年度のダイハツ軽自動車福祉車両の販売台数は4,217 台、全軽福祉車両の44.4%のシェア*を獲得している。

*ダイハツ調べ

「アトレー スローパー」は、軽乗用車「アトレーワゴン」をベースに、車両後部に折りたたみ式のスロープを搭載。電動ウインチ式昇降装置とスロープによりバックドアから車いすごと楽に乗降が可能。
また「タント フロントシートリフト」は、軽乗用車「タント」をベースに、助手席に電動で回転、車外にスライドするシートリフト機構を搭載。大きなフロントドア開口との組み合わせにより、より容易な乗降を実現した。

「アトレー スローパー」車両概要

折りたたみ式スロープと電動ウインチ式昇降装置により、バックドアから車いすごと楽に乗降が可能
広々室内空間により、前後寸法の大きな車いすでもゆとりある乗車を実現するとともに、質感の高い内装やリヤヒーター標準装備など、快適な室内空間を実現
メーカーオプション設定の折りたたみ補助シート装着時には、4名乗車(前席2名、補助シート1名、車いす1名)が可能(リヤシートレス仕様、福祉タクシー仕様)
車いすの方が乗車されない時は、4人乗り乗用車として使用可能な「リヤシート付仕様」も設定(2006年2月発売予定)
「タント フロントシートリフト」車両概要

スイッチ操作で助手席が回転し、車外へスライドしながら下降。着座位置が低くなるため一段とスムーズな乗降を実現
約90°開きの大開口フロントドアと広々とした室内空間により、長身の方でもスムーズに乗降でき、快適な移動が可能
コンパクトなシートリフト機構の採用により、リヤシートのフラット格納などベース車と同様の使い勝手を実現
助手席の回転・昇降操作が手元で可能な「ワイヤレスリモコン」、着座姿勢をしっかりサポートする「胸部固定用ベルト」をメーカーオプション設定
メーカー希望小売価格

アトレー スローパー

[単位:円]

駆動 エンジン グレード トランスミッション 価格※1  
2WD 660cc
3気筒NA
リヤシートレス仕様 3AT 1,660,000  
福祉タクシー仕様 3AT 1,661,000  
リヤシート付仕様※2 3AT 1,695,000  
4WD 660cc
3気筒NA
リヤシートレス仕様 3AT 1,780,000
福祉タクシー仕様 3AT 1,781,000  
リヤシート付仕様※2 3AT 1,815,000  

★写真掲載
※1 消費税は非課税、価格にリサイクル料金は含まず
※2 リヤシート付仕様は2006年2月発売予定

タント フロントシートリフト

[単位:円]

駆動 エンジン トランスミッション 価格※  
2WD 660cc3気筒NA 4AT 1,320,000  
4WD 660cc3気筒NA 3AT 1,413,000

★写真掲載
※ 消費税は非課税、価格にリサイクル料金は含まず

関連記事
2023/10/06第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 202...
2023/05/22工場稼働停止に伴う、軽商用車価格改定の延期について
2023/04/20軽商用車「ハイゼット」 シリーズ、「アトレー」の価格改...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年