ダイハツ軽商用車「ハイゼットカーゴ ハイブリッド」を新発売

2005年08月29日
ダイハツ工業株式会社

ハイゼットカーゴ ハイブリッド 2WD

ダイハツ工業(株)は、軽商用車では初めてとなるハイブリッド車「ハイゼットカーゴ ハイブリッド」を、9月26日から全国一斉に発売する。

ハイブリッド車は、既存のインフラを活用でき、低燃費・低排出ガス化の効果も高いことから、より現実的なクリーンエネルギー車として注目されており、ダイハツは2002年11月から地方自治体等を対象にモニター走行を実施し、商品化に向けた開発を進めてきた。

今回発売する「ハイゼットカーゴ ハイブリッド」は、軽商用車「ハイゼット カーゴ」をベースに、1モーター方式のコンパクトな「ダイハツハイゼット ハイブリッドシステム」を採用し、高い走行性能と優れた燃費・低排出ガス性能を両立しながら、ベース車と同様に4名乗車、広々荷室といった高い商用機能を実現。使用頻度が高い軽商用車というジャンルにおいて、より効果的な環境対応とクリーンエネルギー車のさらなる普及を図るべく、官公庁や地球環境に関心の高い企業などを中心に拡販を目指す。

「ハイゼットカーゴ ハイブリッド」車両概要

薄型のモーターを660ccツインカムDVVT3気筒12バルブエンジン(EF-VE型)と電子制御式4ATの間に配置した、1モーター方式のコンパクトな「ダイハツ ハイゼット ハイブリッド システム」を採用
エンジンでの走行を主体に、減速・制動・降坂時のエネルギーをモーターで回収して発進や加速時にアシストすることで、高い走行性能と低燃費の両立を実現
車両停止時にエンジンを自動停止するアイドルストップシステムの採用により、さらに燃費を向上。特に市街地での燃費向上を重視
ダイハツが世界に先駆けて開発したインテリジェント触媒の採用などにより、排出ガスの大幅な低減を実現
コンパクトなハイブリッドシステムの採用により、ベース車「ハイゼット カーゴ」と同様、4名乗車と広々荷室を実現
主要諸元

車両 車名・型式 ダイハツLE-S320V改
全長/全幅/全高 3,395/1,475/1,875mm
車両重量 1,010[1,020]kg
乗車定員 2(4)人
最大積載量 350(250)kg
エンジン 型式 EF-VE
排気量 659cc
最高出力 37kW/5,900rpm
最大トルク 63N・m/4,000rpm
モーター 種類 交流同期電動機
最高出力 9.4kW/3,000rpm
最大トルク 46N・m/1,000rpm
動力用主電池 種類及び型式 ニッケル水素電池
個数 30個
容量 6.5Ah
トランスミッション 種類 電子制御式4速オートマチック

[ ]内は寒冷地仕様車、( )内は4名乗車時

メーカー希望小売価格

駆動 エンジン トランスミッション 価格※  
消費税込み 消費税抜き
2WD 660cc3気筒NA 4AT 2,215,500 2,110,000

★写真掲載
※ : 北海道は10,500円(税抜き10,000円)高、価格にリサイクル料金は含まず

関連記事
2023/10/06第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 202...
2023/05/22工場稼働停止に伴う、軽商用車価格改定の延期について
2023/04/20軽商用車「ハイゼット」 シリーズ、「アトレー」の価格改...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年