• 経営
  • プレスリリース
  • NEW2005/02/28

「定期職制改正」および「人事制度改正」のお知らせ

2005年02月28日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、当社を取り巻く環境の変化に的確に対応して経営戦略を展開するため、3月1日付で、下記のとおり職制および人事制度の改正を行う。

1.組織改正のポイント

経営企画部は、大分(中津)工場稼動に伴い役割が縮小していることから、現「大分プロジェクト推進室」を解消し、同部付グループとする。
総務・人事部は、人的リソーセス戦略を、経営戦略・事業戦略の構想段階から同期化し実行していくため『人材計画室』を新設する。
情報システム部は、類似・関連業務の整理・統合による効率化および、社内ITインフラ利用者に対する窓口一本化によるサービス向上を図るため、現「システム企画室」と現「システム運用室」を統合し、『システム企画室』とする。
部品部は、海外における部・用品事業強化を図るため、海外販売部から現「部品販売室」を分離させ、同部に移管、『部品部海外部品室』とする。
海外企画部は、海外部門総括業務の強化・充実を図るため、総括業務を主とする『総括室』と、海外適格商品の企画・原価企画を主とする『企画室』を新設する。
海外販売部は、機動力発揮と効率化を目的に現「車両販売室」を廃止し、部付グループとする。
海外生産事業部は、新規海外事業推進のための総括部署として『プロジェクト準備室』を新設する。
生産管理部は、今後の海外事業拡大に対応するため、新車進行グループと生産計画グループで構成している現「生産計画室」を『新車進行管理室』と『生産計画室』の2室とし、組織としての機能責任を明確にする。
《ご参考》

部、室・課の新旧比較

  室・課
57 143
57 141

2.人事制度改正のポイント

理事の新設
M3(部長クラス)の上位処遇として新設