• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2004/10/06

「ハイゼットカーゴ・ハイブリッド」市販化に着手

2004年10月06日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、軽商用車「ハイゼットカーゴ」をベースとしたハイブリッド車(以下HV)の市販に向けた開発を開始した。発売は来夏を予定。

ダイハツは、2002年10月より官公庁・企業を対象としたモニター使用を実施。実際の用途に即したデータ収集と開発を進めてきた結果、軽商用車ユーザーのニーズを満たす製品の開発に成功した。今後は生産面やコスト面を中心とした課題の解決を図る。

車両の生産は今年12月より操業予定のダイハツ車体株式会社・大分(中津)工場を予定。また、実車を11月3日からの東京モーターショーに市販予定車として出品する。

<市販予定車「ハイゼットカーゴ・ハイブリッド」の概要>
ベース車に1モーター方式のハイブリッド・システムを搭載し、手軽に使えるクリーンで地球環境にやさしい軽商用車として開発した。燃費についてはベース車を30%上回り、軽キャブオーバーバンクラスのオートマチック車としては初めて20km/リットル(*1)の大台を達成。

(*1)10・15モードでの当社計測値

<ダイハツのHV開発の取組み>
HV開発の歴史は1970年(昭和45年)の「フェローMAXハイブリッド(360cc軽自動車の改造車)」に始まり、1974年(昭和49年)には日本で初めてのハイブリッド車として「ダイハツ デルタ HV トラック」を民間企業へ販売した。その後も各種のHVの研究開発を進め、東京モーターショーに発表、2001年10月には、今回の市販予定車である「ハイゼットカーゴ・ハイブリッド」に採用した1モーター方式のハイブリッド・システムを搭載した「ATRAI HYBRID-IV」を発表、軽自動車へのハイブリッド技術の適合と市販に向けた課題の解決に取り組んできた。