DAIHATSU

企業情報サイト

  • その他
  • NEW2004/04/22

「阪急彩都カーシェアリングサービス」を支援

2004年04月22日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、4月25日に街開きを迎える国際文化公園都市「彩都」のカーシェアリングサービスを支援する。サービスの事業者は阪急彩都開発株式会社(大阪市北区)。関西初となる民間主導のカーシェアリングに向け、車両予約管理や利用者の認証照合に必要なソフトウェア・車載機器を提供する。開始時の車両は注目度の高い「コペン」「ムーヴ」などが採用される。ダイハツは今後も民間主導のカーシェアリング支援を積極的に進める。

カーシェアリングはマイカー利用の抑制によるCO2低減などを目的としている。ヨーロッパ(スイス、ドイツ等)では参加者を増やしているものの、国内では行政主導(経済産業省、国土交通省等)の形態が多く、民間が自らのニーズにより開始したケースは少ない。
「彩都」はそのコンセプトとして、「100年先の暮らしよさを見据えた街づくり」を掲げており、実現に向けた一つの方策としてカーシェアリングを採用する。「マイカー所有へのこだわり」に配慮し、セカンドカーの代替を想定したカーシェアリングを提案している。

今回ダイハツの開発したカーシェアリング用システムの主な特長は以下の通り。

会員認証(利用開始時・終了時)にICカードを使用。当面は専用カードを使用するが、将来は他のICカードとの統合により利便性向上が見込める。
車載プリンタを採用。利用後その場で料金が確認できるほか、管理センターからの緊急連絡手段として機能する。
ソフトウェア改良により、ガソリン車対応のカーシェアリングを実現。これまでのカーシェアリング実験では電気自動車が多く用いられたが、より実用的なガソリン車の導入が可能になり、車種選択の幅が広がる。民間主導の「こだわりカーシェアリング」のニーズに応える。
料金体系や営業時間の変更にも柔軟に対応が可能な、汎用性の高いソフトウェアを採用。
【サービスのイメージ(阪急彩都パンフレットより)】

【彩都カーシェアリング概要】

項目 内容
事業者 阪急彩都開発株式会社
(大阪市北区 http://www.hankyusaito.co.jp
彩都プロジェクトホームページ http://www.e3110.com)
車両台数 3台(コペン、ムーヴ、ミラ各1台)
想定会員数 約45名(「ジオ彩都 みなみ坂」周辺の居住者)
車両ステーション 「ジオ彩都 みなみ坂」駐車場内
利用形態 ラウンドトリップ(出発した車両ステーションに戻る方式)
サービス開始時期 2004年4月
システム開発 ダイハツ工業株式会社 ITS企画室 電話 072(754)3358
http://www.daihatsu.co.jp/its/index.htm