• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2002/04/22

ダイハツ「超−低排出ガス」認定車の普及、計画どおり達成

2002年04月22日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業は、昨年10月にガソリンの軽自動車として初めて「超-低排出ガス車(U-LEV)」の認定を取得し、ムーヴ・ミラ・マックスなど軽乗用車5車種に順次適用車種を拡大、拡販に努めてきた。
その結果、2001年10月から2002年3月までの軽乗用車販売台数に占める「超-低排出ガス」認定車の比率が、約43%(約80,000台)となり、当初計画の2001年度中に軽乗用車の「超-低排出ガス」認定車比率40%という目標を上回る結果となった。

従来「超-低排出ガス」(平成12年基準排出ガス75%低減レベル)を実現するには、2~3個の触媒を組み合わせたシステムが必要とされていたが、ダイハツは、1個の触媒で同じ高性能な排出ガス浄化を可能とする「TOPAZ触媒」を開発、さらに、2個のO2センサ-で触媒浄化性能を最大限に発揮できるシステムを開発し、スペースの限られた軽自動車でも「超-低排出ガス」を早期に達成することができた。

今後もさらに「超-低排出ガス」認定車を拡大し、環境への積極的対応に取り組んでいく。

*TOPAZは、TOP from A to Zの略。パワー、エコロジー、信頼性など、AからZまですべての面でトップをめざしたパワーユニットという意味の造語。