• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2001/10/10

ダイハツ新型軽乗用車 軽快・新スペース「MAX(マックス)」を新発売

2001年10月10日
ダイハツ工業株式会社

MAX Xリミテッド 2WD

ダイハツ工業(株)は、新型軽乗用車「MAX*1」を11月1日から全国一斉に発売する。

「MAX」は、軽自動車市場が成熟し、軽スペース車に対するニーズが多様化する中、「軽快・新スペース」をコンセプトに、広さと利便性はもちろん、スタイリッシュなデザイン、軽快な走り、さらにクラストップレベルの安全性能、環境性能を実現することにより、新たな軽スペース車の価値を提案。パーソナルユース中心の若年層をメインターゲットに、少し豊かな気持ちになれ、様々な生活シーンを楽しめるクルマとした。

新発売「MAX」の主な特長は、
1.新時代を感じさせる、スポーティ&スペーシャスフォルム
2.「最適ひろびろ空間」を実現する、新発想パッケージング
3.全車高性能ツインカムエンジン、乗り心地と操縦安定性に優れた新サスペンションの採用などにより、軽快でキビキビした走りを実現
4.新骨格構造に進化した衝突安全ボディ“TAF*2”、乗員にやさしい安全インテリア“SOFI*3”など、最新の安全技術を採用
5.国土交通省「超-低排出ガス車」認定(DVVT*4エンジン・2WD車)を含め、全車LEV対応
6.最新のメカニズムを搭載したスポーティモデルを設定

*1 MAX … 新しさ、楽しさを最大限(MAX)に詰め込んだクルマ
*2 TAF(タフ) … Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能の進化したボディという意味の造語
*3 SOFI(ソフィ) … Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語
*4 DVVT … Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構

◇車両概要

エクステリア ~新時代を感じさせるスポーティ&スペーシャスフォルム~
•ボンネットを短くし、室内空間を広く取った先進的なショートノーズ・ロングキャビンのシルエット
•フェンダー上面にまで回り込んだ大型ヘッドランプを配した印象的なフロントデザイン
•視認性の高い横長のリヤコンビランプと張り出したホイールフレア、逆台形のCピラーによる、安定感のあるリヤデザイン
•軽快な走りをイメージさせるアルミホイールを標準装備(L、Lリミテッドを除く全車)


パッケージング ~「最適ひろびろ空間」を実現する新発想パッケージング~
•全高は、ほとんどのタワーパーキングの駐車が可能な1,550mmに設定し、かつ余裕の頭上空間を確保
•前後席乗員間隔は840mm*と長く、充分な後席足元スペースを確保
•ロングキャビン、1,275mmの室内幅により、広々感が実感できる居住空間を実現
•地上からのシート高を、乗り降りに最適な580mm*に設定

* 当社測定法による寸法

インテリア ~扱いやすく、質感の高いインテリア~
•シンプルでモダンなインストルメントパネルデザイン
•操作しやすいインパネセンターシフトを採用、これにより乗り降りに便利なサイドウォークスルーを実現(L、Lリミテッドを除くAT全車)
•インパネの上部に配置した見やすく扱いやすいオーディオ
•適切な運転姿勢が取れるテレスコピック&チルトステアリングを採用
(L、Lリミテッドを除く全車に標準装備)

ユーティリティ ~広い荷室、多彩な収納スペース~
•リヤシートは、左右分割リクライニング&格納およびクッション脱着機構を採用し、多彩なシートアレンジを実現(L、Lリミテッドは一体リクライニング)
•工夫を凝らした豊富な収納スペースを確保

エンジン・メカニズム ~軽快に、楽しく、心地よい走行性能~
•軽快な走りを実現するツインカムDVVTエンジンをはじめとして、低燃費かつ環境性能に優れたTOPAZエンジンシリーズ3型式を搭載

型式 最高出力
[kW(PS)/
rpm]
最大トルク
[N・m(kg・m)/rpm]
グレード 10・15モード走行燃費(km/リットル)
< >は4WD車
5MT 4AT CVT
EF-VE 43(58)/
7,600
64(6.5)/
4,000
L、Lリミテッド 22.0
< 19.4>
18.8
< 16.4>
21.5
< 19.0>
X、Xリミテッド -
<19.4>
18.0
< 16.4>
-
< - >
EF-DET 47(64)/
6,400
107(10.9)/
3,600
R -
< 18.0>
18.0
< 16.4>
-
< - >
JB-DET 47(64)/
6,000
100(10.2)/
3,200
RS -
< - >
16.6
< 15.0>
-
< - >

•AT全車に4速オートマチックトランスミッションを採用し、キビキビとした走りを実現、またL、Lリミテッドにはスムーズな走りのCVTも採用
•フロントストラットのスプリングには、快適な乗り心地と高い操縦安定性を実現するカーブドオフセットスプリングを軽自動車で初めて*採用

* 2001年8月現在
・ スポーティな走りを追求するターボグレードのR、RSには、専用のスポーティチューンドサスペンション、マニュアル感覚で操作が出来るアクティブシフト付電子制御式4AT“ESAT*”など最新のメカニズムを採用

* ESAT(イーサット)…電子制御式4AT,Economy&Smooth Automatic Transmissionの略
RSの4WD車には軽自動車初*の電子制御式カップリングとフロントスーパーLSD(リミテッドスリップデフ)を組み合わせた、高性能な走りを実現するサイバー4WDシステムを搭載、さらに操縦安定性を高めるトーコントロールリンク付リヤサスペンションを採用

* 2001年8月現在

安全性能 ~最新技術を結集した、安心・安全対策~
• 新骨格構造に進化した衝突安全ボディ“TAF”は、国内、欧州衝突安全基準を余裕をもってクリア。さらに、世界最高水準の前面フルラップ 55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面50km/hの衝突に対応し、生存空間がしっかり確保されたボディに進化。また、現実の市場事故実態を考え、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験を実施し、より高い安全性能を確保
•乗員にやさしい安全インテリア“SOFI”を採用
◦デュアルSRSエアバッグ(運転席/助手席)を全車に標準装備
◦側面衝突時の強い衝撃から、胸部などにかかる衝撃を軽減するSRSサイドエアバッグ、車両後方から中低速での衝突時、ヘッドレストを前方へ移動し乗員の頸部への衝撃を緩和する、ダイナミックサポートヘッドレスト(むち打ち軽減ヘッドレスト)(運転席/助手席)をメーカーオプション設定(L、Lリミテッドを除くAT全車)
◦ハイパワープリテンショナー&フォースリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備
◦衝突などの衝撃によりブレーキペダルが後退して、足が傷つくことがないようブレーキペダル後退防止機構を採用

•万一の事故の際に、歩行者が最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、ヒンジ、フード、フェンダー、ワイパーピボットの各所に衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者傷害軽減ボディを採用
•衝撃感知安全システム(衝突時、ドアロック解除・ハザードランプ点滅・ルームランプ点灯・フューエルカット機能)を採用
•ABS(EBD&ブレーキアシスト付)をメーカーオプション設定(RSは標準装備)
•DVS(Daihatsu Vehicle Stability control system)を採用。DVSは、(1)TCS(Traction Control System)、(2)ABS、(3)横滑り制御、の3つの機能を持ち、雨や雪などで滑りやすくなった路面でも安定した走行が可能(X、Xリミテッド、Rの2WD車にメーカーオプション設定)

環境性能 ~全車LEV対応のクリーン性能~
•新開発の触媒コンバーターや2-O2センサーなどの採用により、ツインカムDVVTエンジン搭載の2WD車は、平成12年基準排出ガス規制75%低減レベルに適合し、国土交通省「超-低排出ガス車」認定を獲得。その他の車種も全車、平成12年基準排出ガス規制50%低減レベルに適合し、国土交通省「優-低排出ガス車」認定を獲得
•DVVTエンジン、ロックアップ機構付電子制御トルコンの搭載などにより、2010年新燃費基準に適合(RSを除く2WD全車、4WDの5MT全車、CVT車)
•低燃費化、排出ガスの低減により、グリーン税制(低燃費・低公害車の普及促進税制)に適合(RSを除く2WD全車、4WDの5MT全車、CVT車)
•リサイクル可能な材料を、バンパー、インストルメントパネルなど多くの部品に採用
•鉛を使用しないラジエーター、ヒーターコアなどを採用し、『新型車の鉛使用量を2005年までに1/3(1996年比)に低減する』という業界目標*を達成

* 経済産業省リサイクルイニシアティブで設定されている業界目標

◇国内月販目標台数

6,000台

◇メーカー希望小売価格(全国統一、消費税は含まず)

[単位:千円]

グレード ミッション 型式 価格
2 W 660cc3気筒NA L ◎フロア5MT UA-L950S-GMDF 899
◎フロア4AT UA-L950S-GPDF 979
◎フロアCVT UA-L950S-GBDF 997
Lリミテッド ◎フロア5MT UA-L950S-GMDF 950
◎フロア4AT UA-L950S-GPDF 1,030
◎フロアCVT UA-L950S-GBDF 1,048
X ◎インパネ4AT UA-L950S-GPGF 1,120
Xリミテッド(★) ◎インパネ4AT UA-L950S-GPGF 1,170
660cc3気筒ターボ R ◎インパネ4AT LA-L950S-GQPZ 1,260
660cc4気筒ターボ RS インパネ4AT LA-L952S-GQSZ 1,350
4 W 660cc3気筒NA L ◎フロア5MT LA-L960S-GMDF 1,007
フロア4AT LA-L960S-GPDF 1,087
◎フロアCVT LA-L960S-GBDF 1,105
Lリミテッド ◎フロア5MT LA-L960S-GMDF 1,058
フロア4AT LA-L960S-GPDF 1,138
◎フロアCVT LA-L960S-GBDF 1,156
X ◎フロア5MT LA-L960S-GMGF 1,148
インパネ4AT LA-L960S-GPGF 1,228
Xリミテッド ◎フロア5MT LA-L960S-GMGF 1,198
インパネ4AT LA-L960S-GPGF 1,278
660cc3気筒ターボ R ◎フロア5MT LA-L960S-GMPZ 1,288
インパネ4AT LA-L960S-GQPZ 1,368
660cc4気筒ターボ RS インパネ4AT LA-L962S-GQSZ 1,483

◎低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
*北海道は8千円高(2WD車) ★:写真掲載

発表展示会は11月10日(土)、11日(日)に開催予定