• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2000/07/07

新型スモールキャブワゴン 「アトレー 7」を新発売 ~手頃な大きさで、たっぷり広い、快速・快適7人乗りワゴン~

2000年07月07日
ダイハツ工業株式会社

アトレー7 CX 2WD

ダイハツ工業(株)は、7人乗り1300ccの新型スモールキャブワゴン「アトレー7」を、7月7日より全国一斉に発売する。

今回発売する「アトレー7」は、軽乗用車「アトレーワゴン」をベースに、リヤフロアとホイールベースを延長し、全長3,765mmx全幅1,515mmの運転しやすいコンパクトなボディサイズに大人7人が余裕をもって乗車できる居住空間を確保している。さらに、新開発1300ccツインカムDVVTエンジンの搭載や新開発電子制御2モード4ATの採用などにより、7人乗車時でも余裕のある走りを実現。空間も、走りも、本格的な新型スモールキャブワゴンである。

また、安全性、環境面にも十分配慮するとともに、装備を充実させた上で、1,213千円からという、大変お求めやすい価格設定としている。

新型「アトレー7」の主な特長は、

7人乗りの居住空間をジャストサイズにまとめた新しいパッケージング
運転席からサードシートまで、大人が余裕をもって乗れる3列シート
セカンド&サードシートが床下に格納できる新開発ハイダウェイシート機構
使い勝手がよく、便利で、乗る人すべてが楽しい、快適な機能・装備
パワフル、クリーン、エコノミーな新開発1300ccツインカムDVVTエンジン
進化した衝突安全ボディ「TAF」&乗員にやさしい安全インテリア「SOFI*」の採用
全車、平成12年基準排出ガス25%低減レベルに適合(「良-低排出ガス車」認定)
*SOFI(ソフィ)は、Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語です。

車両概要

パッケージング

乗用車系よりもはるかに大きな室内空間を確保できるセミキャブレイアウトを採用
全長3,765mmx全幅1,515mmx全高1,895mmのコンパクトなボディサイズの中に、室内長2,585mmを確保し、2000ccクラスのミニバンに匹敵する居住空間を実現
サードシートのフロアを軽乗用車「アトレーワゴン」より230mm 延長するとともに、ホイールベースも10mm 延長(2,430mm)し、3列すべてのシートに大人7人が普通に座ってゆとりあるスペースを実現
最小回転半径は4.4mと軽自動車並の小回り性能を確保
長時間走行でも疲れにくいセダン感覚のドライビングポジションを採用
外観デザインは、大型カラードエアロバンパー(フロント&リヤ)、サイドストーンガード一体大型ドアガーニッシュ、ワイドフェンダー等の採用により、迫力あるローダウンイメージスタイルを演出
シートフォーメーション

セカンドシートとサードシートを床下に格納できる新開発ハイダウェイシート機構を採用し、多人数乗車はもちろん日常から本格レジャーまで、あらゆる用途に対応
使用頻度の高い5名乗車時にはサードシートを格納し、クラス*最大のラゲージスペースを実現するとともに、2名乗車時にはセカンドシートとサードシートを格納し、自転車 などの長尺物もそのまま積載できる広くフラットなクラス*最大1,946(VDA法[全容量])のラゲージスペースを実現
7パターンのシートフォーメーションにより、乗車人数や荷物の形状、量などに応じて多彩な空間を創造
セカンドシートは、クラス*最大480mmの超ロングスライド機構を採用
*クラスとは1000cc~1300cc(キャブオーバーワゴン)
快適な機能・装備

デュアルエアコンを標準装備(CLを除く)。セカンドシートヘッドトリム部にも操作パネルと吹き出し口を設定し、後席に座る人へも配慮
フロントはチルト式、リヤはワンタッチで簡単に開閉できる電動スライド式ガラスサンルーフをオプション設定
スライドドアを半ドアの位置まで動かすと、最後まで自動的に閉まるスライドドアイージークローザー(左ドア)を標準装備(CX スポーティパック、CX)
リヤヒーター、キーフリーシステムをオプション設定

エンジン・メカニズム

実用域での使いやすさを追求したトルクフルな新開発1300ccツインカムDVVT(Dynamic Variable Valve Timing)4気筒16バルブエンジンを搭載
<>内は4AT車

型式 排気量
(cc)
最高出力
[kW(PS)/rpm]
最大トルク
[N・m(kg・m)/rpm]
10・15モード走行燃費(km/l)
グレード 2WD 4WD
K3-VE 1,297 66(90)/6,000 123(12.5)/
4,400
CL系 16.5<15.0> 15.0<14.0>
CX系 <15.0> <15.0>

高効率な新開発電子制御2モード4AT「ESAT(Economy&Smooth Automatic Transmission)」を採用し、低燃費とスムーズな加速を実現
世界初の新開発トーコントロールリンク付3リンク式コイルスプリングリヤサスペンションを設定し、旋回時の車両安定性と高速走行時の走行安定性を向上
安全性の追求(TAF&SOFI)

進化した衝突安全ボディ「TAF(Total Advanced Function ボディ)」の採用国内、および欧州衝突安全基準はもとより、世界最高水準の55km/hフルラップ前面・側面衝突、40%ラップオフセット64km/h前面衝突においても、ダイハツ独自に設定した厳しい目標に対応
乗員にやさしい安全インテリア「SOFI」の採用
デュアルSRSエアバッグを全車に標準装備、クラス*初のSRSサイドエアバッグ(前席乗員の胸部傷害に加え、頭部も保護するC&H(チェスト&ヘッド)タイプ)をオプション設定、衝突時引き込みステアリングを採用、プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロントシートベルトを全車に標準装備、チャイルドシート固定機構付セカンドシート3点式ELRシートベルト(左右)&チャイルドセーフティ(リヤドア左右)を全車に標準装備
衝撃感知安全システム(衝突時ドアロック解除、ハザードランプ点滅、ルームランプ点灯機能、フューエルカット連動式)を全車に標準装備
ABS(ブレーキアシスト付4チャンネル)をオプション設定
5MT車には、クラッチをしっかり踏み込まなければキーを回してもスターターが作動しない安全機構のクラッチスタートシステムを採用
*クラスとは1000cc~1300cc(キャブオーバーワゴン)
環境への配慮

DVVTエンジン搭載により、全車、平成12年基準排出ガス25%低減レベルに適合するとともに、運輸省の低排出ガス車認定制度で、「良-低排出ガス車」に認定されており、低公害車優遇税制に適合。また、七都県市・六府県市低公害車にも適合
2WDの5MT車は、低燃費車優遇税制に適合(低公害車・低燃費車優遇税制は同時に適用されない)
国内月販目標台数

1,000台

メーカー希望小売価格(全国統一、消費税は含まず)

[単位:千円]

グレード ミッション 型 式 価 格




2
W
D
C L ◎○ 5MT TA-S221G-ZMRF 1,213
◎  コラムシフト4AT TA-S221G-ZPRF 1,298
C L
リミテッドパック
◎○ 5MT TA-S221G-ZMRF 1,293
◎  コラムシフト4AT TA-S221G-ZPRF 1,378
C X ◎  コラムシフト4AT TA-S221G-ZPDF★ 1,433
C X
スポーティパック
◎  コラムシフト4AT TA-S221G-ZPDF 1,533
4
W
D
C L ◎  5MT TA-S231G-ZMRF 1,373
◎  コラムシフト4AT TA-S231G-ZPRF 1,458
C L
リミテッドパック
◎  5MT TA-S231G-ZMRF 1,453
◎  コラムシフト4AT TA-S231G-ZPRF 1,538
C X ◎  コラムシフト4AT TA-S231G-ZPDF 1,593
C X
スポーティパック
◎  コラムシフト4AT TA-S231G-ZPDF 1,693

◎:低公害車優遇税制適合車、○:低燃費車優遇税制適合車 ★写真掲載
*北海道は28千円高

リミテッドパック装備内容
デュアルエアコン、14インチアルミホイール

スポーティパック装備内容
スポーティタイプ大型異形マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、ルーフエンドスポイラー(ハイマウントストップランプ内蔵)、専用シート、14インチアルミホイール、大口径スポーツマフラー(100)