• 海外
  • プレスリリース
  • NEW1999/07/01

インドネシアで新型車「タルーナ」の販売を開始

1999年07月01日
ダイハツ工業株式会社

タルーナ CSX

ダイハツ工業(株)は、インドネシアの生産・販売の合弁会社アストラ・ダイハツ・モーター社(ADM社)を通じて、インドネシアで乗用車感覚のSUV「タルーナ(TARUNA)」(排気量1600cc)を7月1日より発売する。

今回の発売にあたり、ADM社は7月1日、ジャカルタ市内のホテルにおいて、同社経営陣、現地ディーラー、ダイハツ工業の新宮社長ら出席のもと、発表会を行った。

今回新発売する「タルーナ」は、小型乗用車「テリオス」(排気量1300cc)をベースにインドネシア専用車として開発、ボディサイズの大型化、排気量の拡大などを行い、インドネシア市場の特性、顧客ニーズに対応した。

主な特長は、ダイナミックかつ乗用車的なスタイリング、高品質インテリア、快適な乗り心地で、操縦安定性など基本性能も優れている。車種体系としてはスタンダードタイプのCS、デラックスタイプのCX、スポーティバージョンタイプのCSXの3タイプを設定している。価格は約9,000万ルピア(約165万円。1円=55ルピア)としている。

なお、生産もADM社が行い、インドネシアでの現地調達部品のほか日本からも部品を供給している。

注)タルーナ(Taruna): インドネシア語で「若者」「士官候補生」を意味し、「タルーナ」の持つ若々しさ、力強さ、大きな可能性を表現している。

「タルーナ」の主要諸元

グレード CS CX CSX
全長(mm) 4175 4175 4275
全幅(mm) 1620 1620 1620
全高(mm) 1710 1710 1790
ホイールベース(mm) 2500
車両重量(kg) 1100 1100 1146
乗車定員(名) 5+2
エンジン型式 HD-C型
総排気量(cc) 1589
最高出力(PS/rpm) 85.7/6000
最大トルク(kg-m/rpm) 12.9/3500
トランスミッション 5MT