• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW1999/06/07

ダイハツ軽自動車EV 「アトレー電気自動車」を新交通システム実験用に納入

1999年06月07日
ダイハツ工業株式会社

アトレー電気自動車

ダイハツ車体(株)配車ヤードにて

ダイハツ工業(株)は、今年1月に発売した軽新規格車の「アトレー」をベースにした「アトレー電気自動車」を実験用に開発し、(財)自動車走行電子技術協会に30台納車した。

今回納入した「アトレー電気自動車」は、タウンビークルとして求められる快適性や静粛性に優れ、ガソリン車並みの動力性能をもった電気自動車であると共に、内装をフルトリム化し、より乗用車ライクな仕様としている。

今後、この電気自動車は通信機器等の搭載が行われ、(財)自動車走行電子技術協会がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)より受託した「クリーンエネルギー自動車を用いたITS(注1)技術の研究開発」(今秋実施予定)に使用される。

具体的には、東京・多摩ニュータウン地区で日常の足として共同利用する「住宅地セカンドカーシステム(注2)」の実証実験での利用が計画されている。

ダイハツ工業(株)は、この実証実験の推進メンバーとしても参画しており、今後とも、利便性を重視した「利用者にやさしく、環境にやさしい」情報化時代にふさわしい新しい交通システムの開発に力を注いでいく。

注1. ITS・・・高度道路交通システム。すなわち、ナビゲーション、位置確認、情報通信などの機能が組み込まれた交通システムのこと。
注2. 住宅地セカンドカー・システム・・・クルマの共同利用をベースとした、利便性の高い生活域適合型の自動車利用システムのこと。

主要諸元

車名 アトレー電気自動車
車両型式 GD-S200V(改)
全長 mm 3,395
全幅 mm 1,475
全高 mm 1,870
ホイールベース mm 2,420
車両重量 kg 1,390
車両総重量 kg 1,700(1,710)
乗車定員 名 2(4)
最高速度 km/h 100
最小回転半径 m 4.3
電動機種類 永久磁石型同期電動機
最高出力 kW 35
制御装置 IGBTインバーター
主電池 種類・形式 シール形鉛電池・SER60
容量Ah(HR)・電圧V 60(3)・12
総電圧 V 240
充電器設置形式 車載式
標準充電時間 h 7
タイヤサイズ(前輪)
(後輪)
145R13-8PRLT
165R13-8PRLT

●エアコン、電動パワーステアリングは標準装着
( )内の数字は4名乗車時。