ダイハツ軽新規格 セミキャブオーバー車「アトレーワゴン」を新発売

1999年06月03日
ダイハツ工業株式会社

アトレーワゴン カスタムターボ 2WD

ダイハツ工業(株)は、1998年10月より施行された軽自動車新規格に対応した、軽乗用セミキャブオーバー車「アトレーワゴン」を新開発し、6月3日から全国一斉に発売する。

ダイハツ工業(株)では、「QUALITY ~Safety & Performance~」をコンセプトに、品質向上、とりわけ先進の安全性と快適な走りを目指した軽新規格対応車「ミラ」「ムーヴ」「テリオスキッド」の3車種を98年10月より、「オプティ」を11月より、さらに軽商用車「アトレー」「ハイゼット カーゴ」「ハイゼットトラック」を99年1月より発売開始している。「アトレー」については、「本格レジャーに対応できる新軽RV」のコンセプトが受け入れられ、スタイリングの良さ、ゆったりした室内スペースなどで高い評価を得ている。

今回新発売する「アトレーワゴン」は、乗用用途を主眼として、RVとしての楽しさ、使い勝手の良さ、快適性をさらに向上させている。

セミキャブオーバー車の広い室内スペースを最大限に活かすため、リヤシートには軽No1の前後長300mmのロングスライド機構とリクライニング機構を採用した。

さらに、国内衝突安全基準を余裕をもってクリアする衝突安全ボディ“TAF(Total Advanced Functionボディ)”を採用し、先進の安全性を実現するとともに、高性能エンジンシリーズ“TOPAZ*”のツインカムエンジンを全車に採用、軽No1のロングホイールベースを活用し、乗用車としての優れた走行性能と乗り心地を実現している。

*TOPAZ(トパーズ)とは“TOP from A to Z”を略した造語。AからZまで、つまり、パワー、エコロジー、信頼性など、すべての面でトップレベルをめざしたエンジンという意味。

車両概要

エクステリア

セミキャブスタイルを採用し、ジウジアーロデザインの本格レジャービークル「アトレーワゴン」と、ダイナミックで迫力あるアメリカンスポーティミニバン「アトレーワゴン カスタム」の2タイプを用意
全車165/70R13ラジアルタイヤを標準装備
さらに、カスタムターボには、165/65R14ラジアルタイヤ+14インチアルミホイールをスライドドアイージークローザー(左)、電動格納式メッキドアミラーとセットでリミテッドパックIIとしてオプション設定
大型異形ヘッドランプを採用し、特徴あるフロントビューを演出
紫外線を90%カットするUVカットガラス(全面)を全車に採用。リヤドア、クォーター、 バックドアウインドゥにはプライバシーを守るスモークドガラスを全車に採用
「アトレーワゴン カスタム」は、ロールーフ&ルーフレール、メッキパーツ、マルチリフレクターヘッドランプ&カスタム専用リヤコンビネーションランプ等を採用し、精悍さを強調
インテリア

コラムシフト&足踏式パーキングブレーキの採用で左右ウォークスルー可能<AT車>CLのAT車はフロントセパレートシートの採用で前後ウォークスルーも可能
フロントシートは、カスタムシリーズのAT車にはアームレスト付ベンチシートを、カスタムシリーズのMT車とCLにはセパレートシートを採用
リヤシートに格納式のセンターアームレストを全車に標準装備
全車フルトリム、縫製ファブリックヘッドレストを採用
カスタムシリーズは、専用のメタル調メータークラスター、専用ホワイトメーター、カスタム専用シート表皮等を採用し、さらに個性的に演出
ユーティリティ

軽No1の前後スライド量300mmを実現した左右独立ロングスライドおよびリクライニングリヤシートを全車に採用
多彩なシートアレンジが楽しめるマルチフォーメーションシートを全車に採用
バックドアストラップを全車に標準装備
クリーンエアフィルター付スクロールエアコン(抗菌処理タイプ)、パワーステアリング、パワーウインドゥ(フロント/リヤ)、パワードアロック(バックドア連動)、キーレスエントリー、AM/FMステレオ等の快適装備を全車に標準装備
スライドドアイージークローザー(左)、電動格納式メッキドアミラー、13インチアルミホイールをリミテッドパックlとして全車にセットオプション設定
抗菌インテリア(ステアリングホイール、ライトレバー、ワイパーレバー、シフトノブ、パーキングブレーキレバー<AT車除く>、アシストグリップ、乗降グリップ)を全車に採用
内蔵ステップ(フロント/リヤ)&フロントシートバックアシストグリップ<全車に標準装備>、大型電動ガラスサンルーフ(スライド)<CLにオプション設定>、マルチAVナビシステム&16cmフロントスピーカー<全車にオプション設定>等きめ細かな装備を設定
安全性

衝突安全ボディ“TAF(Total Advanced Functionボディ)を全車に採用
TAFは国内衝突安全基準(50km/h前面・後面衝突)を余裕を持ってクリアし、さらに欧州衝突安全基準(40%オフセット前面衝突、側面衝突)にも対応したクラストップレベルの衝突安全性を確保
チャイルドシート固定機構付リヤ3点式ELRシートベルトを全車に標準装備
衝突時引き込みステアリングを採用し、万一の際のドライバーへの傷害を軽減
ブレーキアシスト付ABS、13インチアルミホイール、AM/FM付ハイグレードステレオ(カ ロッツェリア)をABSパックとして全車にセットオプション設定
デュアル(運転席&助手席)SRSエアバッグを標準装備<カスタムターボ、カスタム。CLは運転席標準、助手席オプション設定>
プリテンショナー&フォースリミッター付フロントELRシートベルトを採用<カスタムターボ、カスタムは標準装備。CLはフォースリミッターは標準、プリテンショナーはオプション設定>
衝撃感知安全システム(ダイハツ独自システム。衝突時ドアロック解除、ハザードランプ点滅・ルームランプ点灯連動式)を全車標準装備
エンジン

“TOPAZ(トパーズ)”エンジンシリーズ(2タイプ)を採用。全車に「EFI」、「DLI(ディストリビューターレス・イグニッション)」、「ダイレクト駆動バルブ」、「KCS(ノックコントロールシステム)」を採用し、優れたレスポンスと抜群の信頼性を実現
ツインカムDVVT(Dynamic Variable Valve Timing)3気筒12バルブEFIエンジン
[EF-VE型]→ DVVT機構、排出ガスの浄化性能を維持する触媒の採用により、クラストップレベルの高トルク、低燃費&低エミッションを実現<カスタム、CLに搭載>
最高出力(ネット) 48ps/5,900rpm、最大トルク(ネット) 6.4kg-m/4,000rpm
ツインカム3気筒12バルブEFIターボエンジン[EF-DET型]
→ インタークーラー付ターボチャージャーを搭載することにより、低速域からトルクフルな走りを実現<カスタムターボに搭載>
最高出力(ネット) 64ps/5,900rpm、最大トルク(ネット) 10.2kg-m/4,000rpm
基本性能

ロングホイールベースとワイドトレッドにより、安定した走りと快適な乗り心地を実現
L型アームマクファーソンストラットサスペンションとリヤ3リンクコイルスプリングサスペンションを採用し、高い直進性と正確なライントレース性を実現
4WD車は切り替え操作不要の回転差感応式カップリングを搭載したフルタイム4WDを採用
高速走行の多いターボ車に4速オートマチックを採用し、ハイパワーながら低燃費、高い静粛性を確保
クラストップレベルの最小回転半径4.3mを実現
国内月販目標台数

アトレーワゴン  2,000台

メーカー希望小売価格(消費税は含まず)

[アトレーワゴン]

[単位:千円]

  グレード ミッション 型式 全国統一
2
W
D
ハイルーフ CL 5MT GF-S220G-ZMXF 1,069
コラムシフト3AT GF-S220G-ZHXF 1,133
ロールーフ カスタム 5MT GF-S220G-SMVF 1,171
コラムシフト3AT GF-S220G-SHVF 1,235
カスタムターボ★ 5MT GF-S220G-SMVZ 1,289
コラムシフト4AT GF-S220G-SPVZ 1,369
4
W
D
ハイルーフ CL 5MT GF-S230G-ZMXF 1,182
コラムシフト3AT GF-S230G-ZHXF 1,246
ロールーフ カスタム 5MT GF-S230G-SMVF 1,284
コラムシフト3AT GF-S230G-SHVF 1,348
カスタムターボ 5MT GF-S230G-SMVZ 1,402
コラムシフト4AT GF-S230G-SPVZ 1,482

*寒冷地仕様は22千円高 ★写真掲載

関連記事
2023/01/24一部車種にアイドリングストップレス仕様のグレードを追加
2022/12/23『夢ふくらむ、はじけるダイハツ』~東京オートサロン20...
2022/12/15ダイハツ「ハイゼット トラック」が「オートカラーアウォ...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年