• 海外
  • プレスリリース
  • NEW1998/11/18

パキスタンに軽乗用車「クオーレ」投入へ

1998年11月18日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、今後、小型車を中心に市場拡大が期待されているパキスタンにおいて、軽乗用車「クオーレ」(=850cc/日本名、軽乗用車「ミラ」)の生産及び販売を開始する。生産開始は、2000年年央から。また生産・販売の規模は、年間1万台を計画している。

プロジェクトのスタートに当たり、本日11月18日、現地パキスタン・カラチ市において、当社新宮社長ほか関係者多数が出席して、正式発表のセレモニーを行った。

尚、生産は、現地のインダス・モーター・カンパニー社(IMC)で行い、ダイハツは技術援助契約に基づき、技術支援を行う。また販売も、IMC社傘下のディーラーを通じて行う。
IMC社は、トヨタ自動車(株)、豊田通商(株)が各々12.5%ずつを出資している。

インダス・モーター・カンパニー社の概要

(1) 会社設立 1989年12月
(2) 所在地 ポートカッシム工業地区(カラチ市郊外)
(3) 株主構成 ハビブ・グループ 41.5%
トヨタ自動車  12.5%
豊田通商 12.5%
一般株 33.5%
(4) 生産能力 年産2万台
(5) 生産実績(97年) 8,072台 (トヨタ・カローラ、ハイラックス)
(6) 販売拠点 17店
(7) 従業員数 617人