DAIHATSU

企業情報サイト

ダイハツグループ環境アクションプラン2030

社長メッセージ

ダイハツは、お客様に暮らしや環境への負担が少ないスモールカーで軽やかな気持ちを提供したい。そして、次の世代のために地球環境を守る責任を果たしたいと考えています。

ダイハツグループのスローガンは「Light you up」です。我々は、世界中の一人ひとりが自分らしく、軽やかに輝くモビリティライフを提供し続けます。

ダイハツはグループ理念の中に「地球と社会との共生が私たちの責務である」と宣言しております。この想いを実現するため、この度「ダイハツグループ環境アクションプラン2030」を策定いたしました。このプランに沿って、低炭素社会の実現、資源循環社会の実現、自然共生社会の実現を目指した活動に挑戦します。

我々ダイハツグループで働く一人ひとりが、高い環境保全意識を持ってこのプランを実行していきます。

全体像

「ダイハツグループ環境アクションプラン2030」は、環境マネジメントを基盤に、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会を目指す活動を、分野ごとにロードマップを策定し構成しました。
長期の目標はトヨタ環境チャレンジ2050を共有し、活動の進め方はダイハツならではの取組みを進めます。

取組み分野毎のアクションプランと関連するSDGs目標

低炭素社会

パリ協定の目指す気温上昇2℃以下に向けて、製品、生産、物流などあらゆる分野で温室効果ガスの低減に取組みます。

製品においては、各国のCO2削減目標=燃費規制にe:sテクノロジー※1の進化と電動化技術の手の内化により、良品廉価で対応していきます。
また、SDGs目標の「すべての人々に安全・安価で容易に利用できる輸送システムを提供」に向けて、ダイハツならではの最小単位のモビリティ  サービスを提案、提供していきます。

生産分野では、SSC(シンプル、スリム、コンパクト)のさらなる進化と全拠点への展開により、エネルギー効率の最大化と少エネ生産※2を追及します。また、エネルギーの非化石化も併せて進めることで、2030年のCO2排出量を2013年比35%削減※3を目指します。
エネルギーのグリーン化に向けては、エネルギーの用途に最適な再生可能エネルギーを選択すると同時に、地産地消・地域貢献にも配慮して推進します。

※1 軽の技術を最大限に活かしコンベンショナル車の燃費を大きく改善する技術
※2 小さいことにこだわり、使用エネルギーの絶対値が少ない生産
※3 国内総量ベース、海外BAUベース

循環型社会

1㎜1gにこだわる、少資源※4のクルマづくりを進めるとともに、2050年 Car to Carリユース・リサイクル※5に向けて、これまでのリサイクル設計を継続するとともに、迅速に進化させていきます。
また、電動化などクルマの変革に対応したリサイクルスキームや、事業を展開する各国の廃車リサイクルの動向を先取りした現地スキームづくりを目指します。
一方、重要な資源である水については、各事業展開地域ごとに水リスク 評価を実施し、水環境インパクトの最小化に取組んでいきます。

※4 小さいことにこだわり、使用する資源の絶対値が少ない設計・生産
※5 廃車されるクルマの部品資源を再度クルマへ活用

自然共生社会

地域の方々とダイハツグループ国内外各社の協働により、生物多様性の保全に貢献し、自然豊かな地域社会を未来に残す活動を通じて、事業による環境負荷のゼロバランスを目指します。
そのために、事業場内の自然の調査と保護活動を継続することでノウハウを確立し、地域の生態系を本来の姿に回復させる活動に貢献していきます。
また、こうした自然共生活動の協働を通じて、Light you upマインドを 醸成し、コア人材の育成による社会貢献を進めます。

環境マネジメント

ダイハツグループが環境への取組みを進めるにあたり、全事業分野・地域において、基盤となる環境異常・苦情ゼロ、コンプライアンスの順守に 向けた活動を継続・推進します。
そのために、活動の枠組みやグループ各社間のコミュニケーションの  しくみを共通のISO規格を活用して整備し、国内外のグループ会社全体で取り組みます。

また、重要なパートナーである国内外の取引先様には、各国事業体が発行するグリーン調達ガイドラインを通じて協業をお願いし、サプライチェーン全体での環境取組みの充実を目指します。

2050年に向けて

トヨタグループの一員として、トヨタ環境チャレンジ2050を共有。ダイハツグループ環境アクションプラン2030は、その中間年(2030年)に向けたダイハツならではの取組みとなります。

 

あなたのご家族は、2030年、2050年においくつ?