• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2001/09/18

「ハイゼット カーゴCNG車」 軽自動車初の「超−低排出ガス」認定車を新設定 ~ 同時に一部改良し、商品力を強化 ~

2001年09月18日
ダイハツ工業株式会社

ハイゼット カーゴCNG車 2WD

ダイハツ工業(株)は、低公害車の更なる普及に対応させるため、「ハイゼット カーゴCNG車」に、軽自動車初の「超-低排出ガス(U-LEV)」認定車(大容量ボンベ仕様車)を新設定し、各都市ガス会社、自治体、地球環境に関心の高い企業などを主な販売対象として9月18日から全国一斉に発売する。

また同時に、標準ボンベ仕様車についても一部改良を行い、一充填走行距離の大幅な延長や後席居住性の改善などの商品力強化を図った。

CNG車は、一般家庭に供給されている天然ガス(都市ガス)を燃料とする自動車で、排出ガスがクリーンな環境にやさしい低公害車として、また、石油燃料に代わる代替エネルギー車として注目されており、ダイハツでは1994年から軽商用車「ハイゼットバンCNG車」を、1999年には軽新規格車をベースにした軽商用車「ハイゼット カーゴCNG車」を発売している。

今回発売する「ハイゼット カーゴCNG車」の主な改良点は次のとおり。

1.「ハイゼット カーゴCNG車」の主な改良点

(1) 大容量ボンベ(37.5リットルx2本)仕様車について
•型式指定を取得し、軽自動車初の平成12年基準排出ガス75%低減レベル「超-低排出ガス(U-LEV)」認定車を新設定

(2) 標準ボンベ(37.5リットル+27.5リットル)仕様車について
•ガスボンベの容量を拡大(従来車 29リットルx2本 → 37.5リットル+27.5リットル)することにより、一充填走行距離を大幅に延長
一充填走行距離[10・15モード]:約285km(2WD 5MT車)
•ガスボンベのレイアウトを変更することにより、後席居住性及び荷室利便性を向上
後席居住性:足元スペース385mm(従来車+100mm)を実現
荷室利便性:最大積載量350kg(従来車+100kg)を実現

2.国内月販目標台数

100台/月

3.メーカー希望小売価格(全国統一、消費税は含まず)

[単位:千円]

駆動 ボンベ仕様 ミッション 型式 価格 備考
2WD 大容量ボンベ 5MT US‐S200V‐ZMRN 1,757 型式指定車
3AT US‐S200V‐ZHRN(★) 1,821 型式指定車
標準ボンベ 5MT GD‐S200V‐ZMRK(改) 1,679 改造申請車
3AT GD‐S200V‐ZHRK(改) 1,743 改造申請車
4WD 大容量ボンベ 5MT US‐S210V‐ZMRN 1,870 型式指定車
3AT US‐S210V‐ZHRN 1,934 型式指定車

*北海道地区は45千円高 ★:写真添付