ストーリア(輸出名シリオン)が2位にランク -ドイツ 「環境にやさしいクルマ」 調査-

1998年08月28日
ダイハツ工業株式会社

ストーリア(輸出名 シリオン)

ドイツ交通クラブ(VCD)が8月19日に発表した1998年度の「環境にやさしいクルマ」調査によると、ダイハツのストーリア(輸出名シリオン)が第2位に選ばれた。

この調査は、ドイツの国産乗用車および輸入乗用車約200モデルを対象に、燃料消費率や排出ガス、騒音などを基準に環境調和度を評価したもの。第1位にはダイムラー・ベンツ社とスイスのSMH社が共同開発した超小型車 MCC スマート、第3位にはオペル社のコルサ・シティが入った。

ダイハツのスモールカー「ストーリア」は本年2月に販売を開始した排気量1000ccのリッターカー。新開発3気筒ツインカム1リットルエンジンを採用し、燃料消費率は21km/リットルとクラストップの低燃費(10・15モード。CL2WDの5MT車)と低CO2を実現している。

本年5月からは輸出名「シリオン」としてドイツをはじめ、ヨーロッパ各国に輸出を開始。新しいタイプのスモールカーとして人気が高まっている。

「環境にやさしいクルマ」トップ10

MCC スマート シティ クーペ(MCC Smart City Coupe)
ダイハツ シリオン(Daihatsu Sirion)
オペル コルサ シティ1.0(Opel Corsa City1.0)
セアット アローザ ベーシス1.0(Seat Arosa Basis1.0)
メルセデス・ベンツA160(Mercedes-Benz A160)
ダイハツ クオーレ(Daihatsu Cuore)
フィアット セイチェント(Fiat Seicento)
スズキ スウィフト1.0(Suzuki Swift1.0)
フォード Ka1.3(Ford Ka1.3)
ルノー クリオ キャンパス1.2(Renault Clio Campus1.2)

ニュースリリース

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年