• 海外
  • プレスリリース
  • NEW1998/08/25

マレーシア初の 4×4 SUV 国民車「クンバラ」の販売を開始 ~現地で「クンバラ」の発表会を開催~

1998年08月25日
ダイハツ工業広報室

クンバラ EZ

ダイハツ工業(株)とマレーシアとの自動車生産・販売の合弁会社のプロドゥア社は、マレーシアで初めての四輪駆動SUV国民車となる「クンバラ」(排気量1.3の小型多目的オフロード車)を8月24日から発売した。

「クンバラ」の発売にあたり、プロドゥア社は8月24日、クアラルンプール市内のプトラワールド貿易センターにおいて、マハティール首相をはじめとする政府高官、ダイハツ工業の新宮社長ら出席のもと、「クンバラ」の発表会を行った。

プロドゥア社はマレーシアの第二国民車「カンチル」(軽乗用車「ミラ」ベース)の生産・販売会社であり、「クンバラ」は、1994年8月に生産・販売を開始した「カンチル」、1996年3月に発売した「ルサ」(インドネシアで販売している多目的車「ゼブラ」ベース)に次ぐプロドゥア社第3番目の車種となる。

今回新発売する「クンバラ」は、日本国内で1997年4月に発売し、スタイリッシュな1.3コンパクト4WDとして好評を得ている 「テリオス」をベースに前後デザインを一部変更するなどしたマレーシア専用の排気量1.3の四輪駆動小型SUV車であり、マレーシアでは初のSUV国民車である。

「クンバラ」の主な特長は、ダイナミックかつ乗用車的なスタイリング、快適で使い勝手の良いインテリア、路面の状況を問わず安定した走行を生み出すセンターデフ付フルタイム4WDなどであり、車種体系はマニュアルトランスミッションスタンダードタイプのEX、デラックスタイプのGX、オートマチックトランスミッションデラックスタイプのEZの3タイプである。

なお、「クンバラ」は8月に生産を開始、マレーシアでの現地調達部品のほか日本からも部品を供給して生産を行っている。

(注)プロドゥア(Perodua): 合弁の持株会社、製造会社、販売会社の共通略称で、持株会社のPerusahaan Otomobil Kedua Sdn. Bhd.の赤文字部分をとった造語。
クンバラ(Kembara): マレーシア語で「冒険」を意味し、四輪駆動車の活動的なイメージを表現している。

「クンバラ」の車両概要

グレード EX GX EZ
全長(mm) 3,785
全幅(mm) 1,555
全高(mm) 1,695*
ホイールベース(mm) 2,420
車両重量(kg) 1,065 1,075 1,085
乗車定員(名) 5
エンジン型式 HC-EJ型
総排気量(cc) 1,296
最高出力(kW/rpm) 61.0/6,100
最大トルク(N.m/rpm) 105.0/5,100
トランスミッション 5MT 4AT
価格(リンギット) 約46,000 約50,000 約52,000

*ルーフレール装着車は1,715mm
(注)1リンギット=約35円