「紛争鉱物」への取組み

2010年に米国で「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)が成立し、米国上場企業に対して自社製品に含まれる紛争鉱物(タンタル、錫、タングステン、金)に関する情報開示が義務化されました。同法はコンゴ民主共和国及びその隣接国で、武装集団が児童労働や強制労働など非人道的手段による採掘で得る資金を断つことを目的としています。
当社はトヨタグループの一員として、責任ある鉱物調達の実現を目指し、取引先様と連携して取り組んでいます。

会社案内

メッセージ・ビジョン

会社概要

役員一覧

アクセス

事業概要

沿革

ひと目でわかるダイハツ

車種紹介

施設見学

調達活動

基本的な考え方

新規お取引先募集

ご提案からお取引開始までの手順

サプライヤーとの交流

「紛争鉱物」への取組み