第7次ダイハツ環境取組みプラン2021~2025年

第7次ダイハツ環境取組みプランの実施項目と目標

私たちダイハツグループは、環境アクションプラン2030(中期目標)を策定し積極的に環境問題に取り組み、持続可能な社会を目指します。
その活動は、国内外のステークホルダーと共有し、連携して社会貢献活動に取り組んでいます。

低炭素社会

【製品】
グローバル新車CO2排出量を削減させることで低炭素社会へ貢献する

取組み項目 目標・実施事項
グローバル新車CO2排出量低減に向けた
燃費性能の向上
グローバル新車CO2排出量低減;'10年比△30%
(国内)
  • 2030年燃費基準達成に向けた継続的な燃費向上を推進
  • トップクラスの燃費性能を目指した開発
(海外)
  • 現地インフラや社会情勢に適応したダイハツ燃費向上技術を展開
多様化するエネルギー源を活用した
モビリティの開発
  • 電動車の技術開発とともに市場導入を推進
  • 多様化するエネルギー源を活用し、社会構造の変化や自動車の使い方変化に対応した低炭素かつ多用なモビリティの開発
各国各地域の都市大気環境改善に資する
排ガス低減
  • 各国・各地域の都市環境改善に資する低濃度排出ガス技術の開発と着実な導入
開発段階における環境マネジメントの推進
  • 新車開発提案時の車両環境アセスメントシステム(Eco-VAS)での環境目標の展開と推進管理

※Eco-VAS [エコバス]:Eco-Vehicle Assessument System(車両開発時の環境評価システム)企画段階で生産~使用~廃棄にいたるLCA(ライフサイクルアセスメント)の考え方を踏まえた環境目標を設定、確実な達成を図る

関連するSDGs

7.2 再生可能エネルギーの拡大
7.3 エネルギー効率の改善

9.1 持続可能なインフラ開発
9.4 持続可能な技術・産業プロセス

13.1 CO2削減

【生産・再エネ】
2050年ゼロ・2030中間マイルストーンに向け、バックキャストで設定した目標を、ダイハツならではのロードマップに従って活動を推進する

取組み項目 目標・実施事項
効率的な生産活動による環境負荷の低減 グローバル生産CO2排出量削減:'13年度比△30%
  • 生産ラインの大規模リファイン
  • 生産設備の高効率設備への更新・変更
  • 日常改善、運用管理レベルアップ
  • 再生可能エネルギーの導入
    (国内総量ベース、海外BAUベース)
CO2ゼロに向けた技術の開発・導入 CO2排出量削減のイノベーション推進
  • 削減の新技術目途付け
  • 革新技術の発掘と目途づけ
エネルギー非化石化に向けた再エネ導入
  • 太陽光発電導入による、再エネ電力の活用
  • 熱利用エネルギーの非化石化検討
関連するSDGs

7.2 再生可能エネルギーの拡大
7.3 エネルギー効率の改善

9.1 持続可能なインフラ開発
9.4 持続可能な技術・産業プロセス

13.1 CO2削減

循環型社会

2050年に廃車の資源を新たなクルマの製造資源に活用するCar to Car リサイクルに向け、2030~35年の開発車種へ織込むアイテム開発と後処理システム開発を、ロードマップに従って推進する

取組み項目 目標・実施事項
3R配慮設計の推進 3R配慮設計の拡大・モデル化で資源循環促進に貢献

※3R: リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)

日本で培った廃車適正処理・再資源化技術による国際貢献 各国リサイクル関連法規に遅滞なく対応
希少資源、廃車・廃部品の3R技術・
システムの開発
  • 稼働中システム継続運用
  • 希少資源、製品、廃車・廃部品の3R技術および、3Rシステムを開発
関連するSDGs

9.1 持続可能なインフラ開発
9.4 持続可能な技術・産業プロセス

12.2 資源の持続可能な管理・効率的利用
12.4 廃棄物の管理
12.5 廃棄物の削減

自然共生社会

自然共生に関する社会貢献により環境マインドの醸成と人材の育成を図り、地域の自然共生活動の中心的役割を担うことを目標とする

取組み項目 目標・実施事項
自然豊かな地域社会を
未来につなぐ自然軸活動

オールダイハツグリーンウェーブプロジェクト
森林保全活動の推進
自然と共生する事業所の推進
  • 地域の多様な生態系を維持・保全し、生物多様性保全を推進
自然共生活動を通じた
コトづくり・ヒトづくり
自然共生に関する地域貢献活動の輪をダイハツグループおよび地域へ拡大
  • 自然共生活動を通じて、環境マインド醸成と人材育成をグローバルに推進
  • 事業所で取り組んできた活動を地域へ拡大
  • 地域の方々と協働、連携し、地域に寄り添う活動の推進
  • 社有林や事業所内の生態系を活用した体験学習等を実施し、未来を担う子ども達の環境教育に貢献
関連するSDGs

6.6 水に関連する生態系の保護・回復

15.2 森林減少の阻止
15.4 生物多様性を含む山地生態系の保全
15.5 絶滅危惧種の保護
15.8 外来種の侵入防止

環境マネジメント

環境に関する異常苦情、コンプライアンス違反ゼロを維持継続するためのマネジメントのしくみ・情報共有のしくみの整備/充実を図る

取組み項目 目標・実施事項
環境苦情、コンプライアンス違反の撲滅 異常・苦情・コンプライアンス違反ゼロ
  • 各国、各地域の環境法令順守と、環境リスクの未然防止活動の徹底強化
  • 世界的に厳格化される化学物質管理の充実
グローバルでビジネスパートナーと連携
した環境マネジメントの強化推進
  • グループ全社の各種環境パフォーマンスの維持向上活動の展開(廃棄物・水使用量、水質、VOC排出量、生産工場以外のCO2
  • EMSの維持発展と各社の自立化を図る
  • グリーン調達ガイドライン最新版の取引先周知(改定都度)
  • ダイハツ販売会社環境認定制度の徹底による環境取組みの推進と強化
各国、各地域での環境情報の積極的開示とコミュニケーションの充実
  • 各国、各地域での環境情報の積極的開示による、地域社会との信頼関係構築
  • 国内外のグループ会社と環境情報や知見・ノウハウを共有、及び相互研鑽による活動の一層のレベルアップを図る
国内外の関係会社を含む社員教育・
啓発活動の一層の強化
  • 各国の関係会社を含む従業員への環境教育継続、及び切れ目のない情報発信による環境マインドの醸成を図る
  • 地球環境に配慮した企業経営の必要性を認識し、自分事として捉え自ら行動することへの呼びかけ実施
関連するSDGs

3.9 環境汚染の低減

6.3 有害な化学物質の放出最小化、水質の改善
6.4 水不足の解消

11.6 都市の環境負荷低減

12.4 廃棄物の管理
12.5 廃棄物の削減

SDGs・CSR・環境の取組み

サステナビリティの考え方

環境への取組み

ダイハツグループ環境アクションプラン2030

環境マネジメント

循環型社会の構築

自然共生社会の構築

低炭素型社会の構築

自動車リサイクルへの取組み

車種別環境情報

第7次ダイハツ環境取組みプラン2021~2025年

社会への取組み

コーポレート・ガバナンス