パワートレーンの進化

毎日の生活の足として通勤や送迎、またはお仕事で安心して快適にご利用いただけるクルマづくり、維持費を抑え、環境にも優しいクルマづくりを目指しています。

良品廉価にこだわり、素性を極めたエンジン

KF型エンジン

パワー、燃費、低排出ガス、静粛性、全てを高次元で実現したKF型エンジン。
日本初※の複数回点火(マルチスパーク)採用や燃料噴射方法の改良(スワール噴霧)により燃焼効果を高めています。

※2019年6月6日時点。ダイハツ調べ。

スプリットギヤを採用した新開発CVT「D-CVT」

「D-CVT」

世界初※のスプリットギヤを採用した「D-CVT」(Dual mode CVT)。
ベルトに加えより伝達効率の高いギヤを組み込むことで燃費/加速感/静粛性を向上しています。

※ベルト式無段変速機において、ベルトとギヤに動力を分割して伝達する構造。2019年6月6日時点。ダイハツ調べ

路面に合わせて駆動力を制御する4WD

さまざまなシーンで安定した走りを実現するダイナミックトルクコントール4WDを採用し、加速時・旋回時や滑りやすい路面等、必要な場面で、4WD性能をフルに引き出します。

停車時のムダなガソリン消費を抑える

停車前アイドリングストップ機能付の「eco IDLE」

ブーン eco IDLE

停車前アイドリングストップ機能を採用。ブレーキをかけ、一定の速度以下になるとエンジンを停止し、アイドリングストップ時間を増加させることで、燃費を向上しています。

マレーシアの国民車として「eco IDLE」を初めて搭載

マレーシア 「ベザ」

「ベザ」は、日本の軽で実績のあるeco IDLE(アイドリングストップシステム)を、マレーシアの国民車として初めて搭載したことなどにより、同国ガソリン車 No.1※1の高い燃費性能を有し、同国のエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)政策に適合しています。

※1: 2016年07月22日発売時点

エコ発電制御

高効率化したオルタネータ

減速時に発生するエネルギーを利用してバッテリーを集中充電する、エコ発電制御を採用しています。高効率化したオルタネータにより走行時の充電を抑制し、エンジン負荷を低減します。

※車両の写真は開発当時のもののため、現行販売車種と仕様が異なる場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

DNGA・技術・安全・品質

DNGA (Daihatsu New Global Architecture)

技術広報資料

車両の進化

パワートレーンの進化

先進安全の進化

良品廉価

品質保証の取組み