自分が作った自動車部品を最後まで追いかけたくなり、
転職を決心しました。

私は大阪府箕面市の出身。幼い頃からずっと自動車が大好きで、車関係の仕事にあこがれ続けてきました。就職に「縁」はつきものですが、社会人としての初めての職場は自動車用ランプ部品の大手専門メーカー。そこで約5年半の間、トヨタ製車両に搭載するさまざまな仕様・形状のランプ設計に従事しました。仕事はキャリアに比例して年々多忙を極めるようになっていき、残業が続いてヘトヘトになることも度々。とはいえ好きな分野のランプ開発はおもしろく、充実した毎日を過ごしていました。 そんな中、自分が作ったランプ部品がユーザーに届くまでのプロセスが気になり始め、自動車メーカーで働きたい気持ちが徐々に高揚していきました。出身地に近く親しみのあったダイハツのエンジニア募集を見つけたときは、「応募してみるしかない」と。幸いにも内定の返事をいただいた後、すぐに当時の上司に退職を申し出ました。驚いたのは、予想外に強い慰留を受けたことです。日々の業務や会社に対して特別な不満はありませんでしたから、心がずいぶん揺れ動きました。しかし、車づくりに直接かかわっていける魅力はすべてに勝り、ついに転職を決意。家族いっしょに心機一転で再スタートを切ることにしました。

主体的に取り組めるモノづくり、
喜ぶ家族の様子にとても満足しています。

ダイハツでは、前職で磨いた知識・技術をそのまま活かせる外装ランプの設計担当になりました。仕事で以前と最も異なったのが、車体のデザイナーをはじめボディ設計部門や生産準備部門の担当者たちとダイレクトに打ち合わせできる点。良品廉価で美しいランプづくりを一から自分たちで決めて、最後までかかわれるようになったのです。かねて望んだ通りの仕事内容に近く、一日一日がより充実したものになりました。もう一つよかったのは、ダイハツはモノづくりの新しい見方ややり方に対してオープンだったことです。よい意見は積極的に取り入れる風土があり、私の場合、前職での経験をもとにオリジナルのランプ設計検討ツールを構築して提案したところ、比較的スムーズに採用されて早々と大きな達成感を得ることができました。

一方の私生活の面についても、転職して大正解!同じ関西地方出身の妻は、お互いの実家への距離が近くなったことと、勤怠管理がしっかりしたダイハツで私の帰宅時刻が非常に早くなったことを何より喜んでくれています。振り返ると、転職してからは休日出勤が一度もないくらい。自分の趣味に家族イベントに、ダイハツに来てからプライベートの予定もきっちり立てやすくなって幸せ度合いがグッと上がった気がしています。

代表的な1日について

8:45
始業

メールチェック

緊急度や優先度の高い内容の業務関係メールが届いているのかチェック。
当日の業務予定変更がある場合、9:00頃から上司とすり合わせをする。
9:00~9:15
チームミーティング

チーム内での前日・今週業務の進捗情報交換

業務の進捗状況を上司やチーム内で情報共有。
納期・業務の難易度や週間業務に対しての見落としが発生していないか確認。
9:30~10:00
機種開発ミーティング

他部署設計部門と担当車種について打合せ

前日検討した内容を情報交換し、相互で結果のすり合わせをする。
他部署の複数メンバーとも進捗確認を行う。
10:00~12:00
設計検討

設計構造検討

設計業務。構造検討や社内関連部署との打合せ・資料作成、仕入先さんとの打合せなどを行う。
午後の業務に向けて事前準備などがメイン。
12:00~12:45
お昼休み

食堂へ移動

新しくなった綺麗な食堂でランチタイム。色々食べたいものがある中で「今日はコレ!」とチョイス!
同僚と「本日のメニュー」についての会話が盛り上がる。
13:00~16:00
設計検討

設計構造検討

午前に引き続いて設計業務。これまで以上に集中力を高めて、構造検討や社内関連部署との打合せ・資料作成、仕入先さんとの打合せなどを行う。
16:00~17:00
Grミーティング

グループメンバー全員集合(週一)

週一でグループ全員が揃ってチーム内で情報交換。
色々な人の困り事を聞いたり、自分の困り事を皆に相談できる場があります。
17:00~17:30
業務まとめ

当日業務の進捗確認

業務の進捗状況と本日追加された業務についてリスト入力。
当日残業が必要な場合は上長と調整。
17:45~20:00
残業

残業時間

どうしても業務処理完了が必要である場合は残業をします。
打合せ以外の事務処理的な業務がメイン。

AFTER CHANGING JOBS

今では家族皆で
ダイハツファンになっています。

二人の子供がいるJさんは、4歳になる上のお子さんがダイハツのCMを見て「パパが作った車なの?」と聞いてくると思わず笑顔になるとか。生来の自動車好きも合わさって、ダイハツ車のミニカーが発売されるとすべて買って帰り家に飾っているそうだ。仕事にプライベートに、現在のJさんはまさにダイハツ一色の生活を満喫している。

FAMILY VOICE

旦那様のダイハツ工業への転職について

嬉しい変化がいくつもありました。一番嬉しいのは「休日の過ごし方が変わったこと」。
以前は平日の残業が多く、休日はその疲れをとるだけで終わっていたのが、今では残業が減ったので、休日に毎週何をしようか考えるのが楽しみになりました。平日の夜も家族一緒にご飯を食べられるので、みんなで過ごす時間が増えていると実感しています。
また、有給休暇の取りやすさも助かっています。
私が高熱を出した際に夫が午後から半休をいただいて、幼稚園の子供のお迎えに行ってもらうこともできました。普段から有給休暇が取りやすい雰囲気なのはもちろん、突然の場合でも対応してもらえるのはありがたいです。
最近では念願のマイホームに住むこともできました。転勤が少ないので子供の転校といった心配も少なく、落ち着いた生活が送れています。