ガイキンド インドネシア国際オートショー(GIIAS)2017

2017年8月10~20日の期間、インドネシア・ジャカルタで「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017(GIIAS2017)」が開催されました。

ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は、世界初出展となる小型車のコンセプトカー「DN MULTISIX」、「DN F-SEDAN」や、ダイハツ110周年を記念したインドネシア現地市販車の特別仕様車など、総勢15台を出展。

インドネシアのお客様ニーズに応える現地最適商品の開発や、現地化への取組みをアピールしました。

コンセプトカー

「DN MULTISIX」:ワールドプレミア

・ダイハツのコンパクトカー技術を活かしたFFベースのMPVモデル
・ウォークスルー可能な広い室内空間と、スタイリッシュな外観を両立

駆動方式 FF
総排気量 1,500cc
トランスミッション CVT
乗車定員 6名
ネーミングの由来 MPV(Multi Purpose Vehicle)のMultiと、6名乗車を併せた意味

「DN F-SEDAN」:ワールドプレミア

アジア市場の嗜好にマッチしたスポーティかつスタイリッシュなテイストを、コンパクトセダンで実現し、新しい市場の可能性を表現

駆動方式 FF
総排気量 1,200cc
トランスミッション CVT
乗車定員 5名
ネーミングの由来 F=ファストバック スタイル(シルエット)を持つスポーティセダン

第35回東京オートサロン出展車

ムーヴ キャンバス Sporza

トール Grand Custom

インドネシア市販車

110周年記念特別仕様車

セニア

シグラ

シリオン

テリオス

ルクシオ

110周年記念特別仕様車エンブレム

その他

アイラ

アイラ

ハイマックス

プレスブリーフィングの様子

ダイハツ110周年の感謝を込めた演出 (ブーステーマ: 「Daihatsu FestiveFun」)

奥平社長スピーチ

ダイハツはこの110年、お客様に寄り添い、お客様一人ひとりを照らし、輝いていただく、という想いでクルマづくりを行って参りました。「Daihatsu Sahabatku (=My Best Friend)」のスローガンにも、この想いは込められており、今後もその想いが変わることはありません。

今後インドネシアでは、日本と連携しながら、新しいプラットフォームの開発を進めていきます。


このプラットフォームを開発することで、インドネシアのクルマをさらにレベルアップさせることを約束します。
また、新しいクルマの開発だけではなく、販売やサービスまで含めアストラ・インターナショナルとタッグを組み、ダイハツブランドをより一層、インドネシアの皆様に愛されるブランドへと成長させたいと考えております。

また、今年の5月には、インドネシアの国技であるバドミントンへの支援を決定いたしました。
今後も若手育成の取組みなど、様々な検討をしています。

これからもダイハツは、インドネシアのモビリティライフをより充実させ盛り上げて参ります。
これからのダイハツにご期待ください。